視力回復の方法・研究所

視力回復の方法として近視の視力回復トレーニングや、視力の急激な低下を防ぐ運動法などをご紹介しています。

サイトトップ > 目が良くなる本って?〜3Dアートの立体視・マジカルアイ

目が良くなる本って?〜3Dアートの立体視・マジカルアイ

目が良くなる本が、本屋にはたくさん並ぶようになってきました。

この目が良くなる本というのは、3Dアートの立体視ができるマジカルアイという書籍です。薄いので持ち運びに便利です。呼び名もいろいろで、類似品としてマジックアイ・エクササイズとか、マジカル3D、ミラクル・アイ3D、ファンタジー3Dなどがあります。栗田昌裕氏の「3D写真で目がどんどん良くなる本」は有名ですね。

どの目が良くなる本でも、カラフルなCG(コンピュータグラフィック)のイラストや写真が並んでいます。ストレオグラムの原理で平行法とか交差法を使って画像を見ると、立体的に浮き出てきて、隠された図柄が見えてきたりします。

目が良くなる本では、写真は2枚並んでいることもあれば、1枚の写真であることもあります。ちなみにステレオグラムの原理は、軍事の偵察機で2枚写真を撮影し、現像したあとで平行法で立体的に見て、カモフラージュを見破るためにも活用されていたようです。

さて目が良くなる本では、平行法と交差法ができないと、イラストを立体的に見ることができません。平行法は遠くを見るような目つきで、その名の通り、目を平行にするようなイメージです。やり方はかんたんです。目の力を抜いて、ボーッとする感じです。そうすると目の前の景色が左右の眼で異なってきて、二重に重なってきます。目が疲れてボーッとしているときに、たまになったりしますね。

平行法は、遠くを見るような見方なので、近視の人が視力訓練するといいでしょう。遠視や老眼の人がこの目のエクササイズをしても、あまり効果がないような気がします。

目が良くなる本で使う交差法は、寄り目になるような見方です。
人は近くを見るときは、寄り目になって輻輳します。交差法では、対象の画像やイラストの手前で視線を交差させるようにします。これは慣れないと難しいかもしれません。

交差法がしづらい人は、まず画像と顔の間に指を立て、そこに焦点を合わせます。つぎに指をはずして、その目つきのまま画像を見るだけです。

目が良くなる本で交差法を視力訓練する人は、遠視と老眼の人が適しています。なぜなら交差法とは寄り目の状態であり、近くを見るときは寄り目が必要になるからです。遠視と老眼の人は、近くを見るのが苦手なため、交差法を視力トレーニングすべきです。反対に、近視の人が、交差法をしてしまうと、急激な視力低下につながるかもしれません。

目が良くなる本の活用法として、平行法や交差法でイラストを立体的に見ることができたら、その本を前後に動かすといいかもしれません。こうすると毛様体筋が緊張と弛緩をくり返します。また上下左右に動かすと、外眼筋のトレーニングにもなります。あるいは目が良くなる本にスタンドライトを当てたり、暗くしたりすれば、虹彩筋のトレーニングにもなります。

栗田氏の「3D写真で目がどんどん良くなる本」のパソコンバージョンが「目がホリデー」です。「ストレッチアイ」という視力ソフトは、昔からありますね。目がホリデーは視力回復ソフトならではで、画像を拡大したり、縮小したりができます。また美しいBGMも流れるので、リラックスタイムに最適です。定期的に自動起動するようにタイマーをセットできるので、疲れ目の解消が習慣化します。

視力アップの方法とは一覧