視力回復の方法・研究所

視力回復の方法として近視の視力回復トレーニングや、視力の急激な低下を防ぐ運動法などをご紹介しています。

サイトトップ > 目の視力低下の原因〜近視はなぜ起きる?

目の視力低下の原因〜近視はなぜ起きる?

目の視力低下の原因は何でしょうか?

視力の低下というと、普通は近視です。
小学校の健康診断で行なわれる学校検眼では、子供の目の視力低下が判明して、親御さんは愕然とすることになります。私の遺伝のせいだろうか?ゲーム機のしすぎだろうか?何が悪いのだろうかと、いろいろな思いが交錯することでしょう。

遠くが見えづらくなるという目の視力低下には、いくつかの原因があります。まずもっとも大きな要因は、近視です。子供の場合、仮性近視から始まります。毛様体筋が緊張して、肩こりのように凝っているだけですから、この凝りが解消できれば、子供の視力は回復していきます。

そのほか遠視や乱視でも、目は視力低下していきます。
小学校や中学校の視力検診で、検眼通知書にB判定やC判定、D評価となっていても、遠視のこともあるのです。遠視とは遠くが見づらく、近くはもっと見づらい目なのです。なかには調節力を発揮して、遠くはうまい具合にピントを合わせている子供もいますが・・・。遠視でも視力0.3ということもあり、ほうっておくと弱視になるので、至急、眼科医院を受診することをおすすめします。

両目が強い遠視の場合は、10歳までに遠視用メガネで視力矯正すれば、弱視の視力は改善します。しかし片目が遠視の場合は、片目は深刻になります。いいほうの眼だけでものを見てしまうため、遠視のほうはまったく使われなくなるからです。

目の視力低下を予防するには、近くを見ているときでも、たまに遠くを見て焦点を合わせることです。近くを見ているときは毛様体筋が緊張を続けていますが、遠くをパッと見ると、そのときは毛様体筋が弛緩します。この習慣があると、近視の進行を防ぐことができます。

また近くを見ていると、手もとの教科書や参考書は、範囲がせまいために、眼球の運動不足になります。外を歩いているときとか、元気に走り回っているときと比べて、格段に視野が狭くなることがわかるでしょう。こうなると外眼筋が硬直してきて、血行不良になります。これが目の視力低下の原因になります。

これをふせぐには、定期的に目の運動をすることです。
眼球を上下左右、あるいは回転運動などをしてエクササイズするということですね。パソコン作業をしている人なら、1時間に1回は手を休めて、パソコン画面のモニターの四隅の角を視線で、対角線に結びましょう。そうすると自然と眼球が動きます。眼筋トレーニングになるのです。

目の視力低下を予防するには、疲れ目をためないこと、できるだけその場で目の疲れを取ってしまうことがポイントです。目の疲れが蓄積して、仮性近視になり、それを放置していると真性近視になるからです。視力0.01という強度の近視といっても、もとはといえば、目の疲れを放置したことが原因なのです。

目の視力低下を防ぐには、前述したような目の筋肉を鍛える運動のほかに、目を強くまばたくといいでしょう。連続で5回まばたき、最後は数秒維持します。すると目の血行がよくなるので、目の視力低下を確実に予防できます。

目の視力低下は、もともと遠視の度合いが少ない子どもに発症するという説があります。そうなると遺伝がかかわっているということになります。しかし目は環境の影響もうけます。近視の視力回復トレーニングや眼のメンテナンスという「環境」を与えてやることによって、目の視力低下を最小限に抑え、近視を予防することは十分可能なのです。

視力アップの方法とは一覧