視力回復の方法・研究所

視力回復の方法として近視の視力回復トレーニングや、視力の急激な低下を防ぐ運動法などをご紹介しています。

サイトトップ > 視力回復の方法とテレビ〜見ながら視力アップ!

視力回復の方法とテレビ〜見ながら視力アップ!

視力回復の方法は、テレビで訓練が可能です。

どうしても小学生の子供が急激に視力低下すると、親御さんは、テレビを見ちゃダメ!という方向になりがちですが、そうでもないのです。学校の視力検査をして、もらってきた検眼通知書にB判定とかC判定、ましてやC評価をもらってきたら、焦る気持ちもわかります。

しかしテレビを見ないからといって、視力がアップしていくのかというと、そんなことはありません。今はニンテンドーDSとかPSPなどの携帯型ゲーム機もあります。こういったものを隠れてするかもしれません。携帯電話のメール機能も一緒です。

つまり今の時代、テレビを見ないとか、ゲームをまったくしないという選択は、賢明ではないということですね。時間を制限することは、いいかもしれませんが・・・。

視力回復の方法をテレビを使って実践するには、視力回復訓練機アイトレーナーを使ったりします。これはテレビを見ながら視力を向上できると謳っています。

視力回復機アイトレーナーの原理は、眼科のワックと同様に、雲霧法や望遠訓練であり、毛様体筋の緊張を解くことが主眼です。そのため仮性近視には有効でしょう。でもアイトレーナーのような、何万円もする高価な器具を購入しなくても、同じ視力回復訓練が眼科に行けば、無料でできます。ただテレビを見ながらできる視力回復の方法なので、小学生の子供にとっては長続きしやすいとはいえるでしょう。

でも、もし子供の視力が仮性近視ならば、眼科で処方されるミドリンMとかミオピン、サンドールといった散瞳薬を点眼すれば、視力が改善するはずです。視力回復機器アイトレーナーを買うことはないでしょう。

そのほか視力回復をテレビで効率よく行なう方法に、ピンホールメガネを装用する視力訓練法があります。ピンホールアイマスクは、100均で購入できますので、安いものです。ダイソーなどの100円ショップに行けば販売しているので、購入できるはずです。

ピンホールメガネは穴あきメガネといわれるように、穴がたくさん開いています。この穴を通してテレビの強い光を見ていると、虹彩筋が緊張と弛緩をくり返すため、それと連動した毛様体筋のエクササイズにもなるわけです。

虹彩筋とは光の量を調節する眼の筋肉で、中心は瞳孔です。黒目ですね。この瞳孔という穴から、外部からの光を網膜に取り込むわけです。光が多くてまぶしいときは、虹彩筋を絞り、瞳孔を小さくします。暗いときは反対の動きをします。

毛様体筋は水晶体を薄くする役割があり、近視はこの目の筋肉がこり固まっています。虹彩筋と毛様体はつながっています。そこで虹彩筋を視力トレーニングすれば、しぜんと毛様体筋のコリがほぐれて、水晶体を薄くでき、遠くにピントが合ってくるのです。

視力回復の方法をテレビで行なう方法としては、このようにアイプロテクションなどのピンホールサングラスが、安いですし、取り組みやすいでしょう。これは虹彩筋と毛様体筋を強化する目の運動法です。

そのほか視力回復の方法とテレビの活用法は、CMのときにテレビの四隅を視線で結ぶエクササイズをすることです。テレビのコマーシャルのときに運動すると決めればいいでしょう。対角線に角を結んで往復するのです。これだけでテレビを使った効果的な視力回復の方法になります。この運動では、外眼筋が鍛えられます。

視力0.1以下の極度の近視の人は、手もとの狭い範囲ばかりを見ている習慣があるために、どうしても眼球の動く範囲が限られ、外眼筋が運動不足になります。これが外眼筋をこわばらせ、血行不良になり、視力が急激に低下していく原因となるのです。

以上のように、視力回復の方法をテレビで行なうやり方とは、ピンホールアイグラスを着用して、バラエティー番組とかニュース、アニメ、ドラマ、映画を見て、CMのときはモニターの四隅を視点移動する、ということです。

おもいっきりテレビとか、ためしてガッテンなどのテレビ番組では、たまに視力回復の方法の特集が組まれます。本屋でも「ゆほぴか」とか「わかさ」、「安心」、「はつらつ元気」などの健康雑誌で、目の病気の予防法とか視力改善法が掲載されていますので、アンテナを張っておくといいと思います。

視力アップの方法とは一覧