視力回復の方法・研究所

視力回復の方法として近視の視力回復トレーニングや、視力の急激な低下を防ぐ運動法などをご紹介しています。

サイトトップ > 視力回復トレーニングの方法〜自宅で簡単に毎日できる!

視力回復トレーニングの方法〜自宅で簡単に毎日できる!

視力回復トレーニングの方法は、いくつかに分類できます。

まず自宅で視力訓練するか、それとも近くの視力回復センターに通院するか、ということです。たとえば東京視力回復センターやアイトレーナーの視快研、近視アスレチックの眼育に通うにしても、近くにないと話になりません。また費用もかかりますし、通院する意志力も必要ですし、当然、旅行中は通えません。視力センターへの通院を中止したとたん、急激に視力が低下していったという話も聞きます。

それなら自宅で簡単にできる視力回復トレーニングの方法を、はじめから模索したほうが、場合によってはいいかもしれません。

家で実行できる視力回復トレーニングの方法も、またいくつかに分類できます。まず視力回復機を購入して、目の訓練をする。あるいはそこまで高価な器具ではなく、本屋で3Dアートの立体視ができる、マジカルアイなどの視力回復の本を買ってくる。そのほか、いつでもどこでもできる、簡単な視力回復トレーニングの方法を採用する、というものがあります。

3Dのステレオグラムは、マジカルアイのほかにマジックアイ・エクササイズとか、ミラクル・アイ3D、ファンタジー3D、「3D写真で目がどんどん良くなる本」とか、いろいろな種類の視力の本が販売されています。

CGのイラストや風景写真を、平行法と交差法を使って見ると、画像が浮き出てきて立体的に見えます。最近は映画でも、ニンテンドー3DSというゲーム機でも、「3Dブーム」です。そのため、今後ますます人気が出てくるような気がします。

近視の人は寄り目に慣れていることが多いため、視線を広げる開散の動きである平行法を、視力回復トレーニングの方法として採用するといいでしょう。

反対に遠視や老眼の人は、近くを見ることが困難です。
そのため寄り目をする輻輳の動きである交差法を、視力回復トレーニングの方法として採用すると効果的です。

ダイソーなどの100円ショップでピンホールメガネを購入してきて、目をトレーニングするのもいいでしょう。穴あき眼鏡です。この視力回復グッズ自体は、視力0.1以下の極度の近視を視力回復させるアイテムではなく、仮性近視の視力改善に有効です。つまり目の疲れ解消には有効ということです。

ただ視力アップアイグラスをかけて、ボーッとバラエティー番組やニュース、アニメを見ているだけで、有効な視力回復トレーニングの方法となります。それは虹彩筋が活発に動くため、それとつながっている「ぶどう膜」である毛様体筋も運動するからです。テレビを見ているときは、目のエクササイズになり、それ以外の雑誌を読んでいるようなときは、毛様体筋が休まるというわけです。光の加減によって、同じグッズでも効果が異なるのです。

昔からよくあるものに、遠くをぼんやり眺めるという視力回復トレーニングの方法があります。あるいは遠くの一点を凝視する訓練ですね。たとえば星の一点を見つめたりします。しかし仮性近視程度には有効かもしれませんが、遠くがぼやける視力0.1以下の重度近視の場合は、裸眼では見えないので、メガネやコンタクトレンズを装用したまま遠くを見ましょう。程度にまばたきをし、視点を移動させると、目の緊張を起こさずにすみます。

しかしこの遠くを見るという視力回復トレーニングの方法は、なにぶん即効性に欠け、効果を実感できるまで時間がかかります。それよりは遠くと近くを交互に見比べるほうが、よりいっそう毛様体筋に働きかけることができ、ピントフリーズ現象を解除できます。

3メートル以上はなれた壁のカレンダーの文字を3秒間みつめ、つぎに目の前に立てた指先を3秒間みつめましょう。これは別に1秒ずつでもいいですし、10秒ずつでもいいと思います。あるいは、遠くのほうを長めに見るほうがいいという人もいます。視力回復センターの室内凝視訓練法では、近くを見たあと、遠くの指標を長時間見る方法をとっているようです。

視力回復トレーニングの方法には、外眼筋を動かすエクササイズもあります。近くを見続けていると、眼球の動く範囲が狭まりがちなので、外眼筋がこわばってきます。そうすると眼球の血行不良になったり、外眼筋が眼球を周囲から締め付けて、近視や遠視、乱視といった屈折異常の原因になるといわれています。これをベイツス理論といいます。

眼球を適度に運動させることは、視力回復トレーニングの方法としては、毛様体筋の訓練とならんで、たいへん有効です。とくに視点を速く移動させるエクササイズのあとは、視力がアップした実感があるはずです。これは速読教室の現場では、日常茶飯事です。速読法では、目を速く動かして活字を読んでいくために、外眼筋が鍛えられ、小学生の子供の仮性近視はもちろん、大人の近眼や年配のかたの老眼でも視力改善していくのです。

もし視力0.01レベルの極度の近視が視力回復するとしたら、外眼筋を使った視力回復トレーニングの方法になります。眼球の形状に影響を与えるからです。

以上のような自宅で無料でできる、簡単な視力回復トレーニングの方法に、強いまばたきを加えると、スパイスとなって、より効果的です。近視回復訓練の合間に、強いまばたきを挟むのです。顔全体を使って目を強くギュッと収縮させます。これを5回くり返します。最後は数秒間、維持しましょう。すると目をゆるめたときに、周囲の血液が一気に開放され、目のなかに流れ込んできます。すると瞬間的に目の血行がよくなり、毛様体筋のコリがほぐれ、視力が良くなるのです。

この強い目のまばたきは、小学校や中学校、高校の黒板の文字や、視力検査のときのCの字のようなランドルト環など、遠くが見えないで困るときに役立ちます。あるいは視力が悪いとか視力が出ないと感じている人、視力が急に落ちたと悩んでいる人に、ぜひ試していただきたい、初歩的な視力回復トレーニングの方法です。10秒以内で終わるほど、簡単な目の訓練です。

視力アップの方法とは一覧